野球

小園海斗はヒロミの隠し子か?母は松本伊代なのかについて詳しく調査してみた結果

更新日:


スポンサーリンク

小園海斗くんは身体能力がずば抜けて高い、報徳学園の選手です。

2018年のドラフトでは4球団から指名!

そんな小園海斗くん、珍しい名字ですがもしかしてヒロミさんの隠し子???

いや、実子だとするとお母さんはあの松本伊代さんですか???


スポンサーリンク

小園海斗はヒロミの隠し子???

小園海斗くんの名字って珍しいと思いませんか?

小園という苗字の有名人はなかなか思いつきませんよね。

でもどうしてヒロミさんの隠し子?なんて言われているのでしょうか?

それはヒロミさんの本名が小園 浩己(こぞの ひろみ)だからです。(結構有名ですよね)

さて、小園海斗くんは、本当にヒロミさんの子供なのでしょうか?

・小園海斗の母って、もしかして松本伊代?

小園海斗くんの父親がヒロミさんであれば、隠し子でない限り必然的に母親は松本伊代さんになるわけですが・・・

実は小園海斗くんとヒロミさんは無関係です!

なのでヒロミさんの隠し子でもありません!

どうやら発端はどこぞのネット掲示板への書き込みだったようで、小園という苗字からその噂が広まってしまったようですね。

ま、こういった誤情報の拡散は結構ありますからね〜。

みなさんも簡単にSNSの書き込みを信じないでくださいね!

ということで、小園海斗くんの父親はヒロミさんでもなければ、当然母親も松本伊代さんではありません!

ですが、母親はやっぱりすごい人でした!

小園海斗のプロフィール

小園海斗(こぞの かいと)くんは2000年に兵庫県宝塚市で生まれています。

身長178cmで右投げ左打ち、守備はショートを守っています。

宝塚市の小学校を卒業後、宝塚市立光ヶ丘中学、そして報徳学園へと進みました。

野球を始めたきっかけは、6歳の時に甲子園で見たプロ野球観戦。

小学生からリトルリーグに所属し、中学では「枚方ボーイズ」に所属していました。

走攻守とどれも完璧にこなし、早い動きでも高い評価を得ています。

・小園海斗の中学から報徳学園時代 ショートしては日本一?

小園海斗くんは中学の時にU-15に選ばれ、世界大会を優勝!

報徳学園に入ってからもまた凄かった。

1年生のときの県大会で1番ショートとして出場、打率4割の成績を残し、スカウトの注目を浴びています。

そして2年生のときの選抜大会では打率5割と大活躍、ベスト4に多大な貢献をしました。

小園海斗くんは守備に定評があり、「日本一のショート」なんて言われています。

ただ足が速い、肩が強い、という選手は数多くいますが、小園海斗くんは、それに加えてダントツのセンスと動きの速さがずば抜けているんです。

内野の守備にはとっさの判断力と、それに伴う瞬発力がアウトとセーフの分け目になりますが、どちらもかなり高い能力を持っていて、さらに素晴らしい脚力と強肩の持ち主。

これってひとことで言うなら”野球のセンス”といえるんじゃないでしょうか。

このようなところが小園海斗くんの評価をぐ〜〜〜んと上げているんだと思います。

・小園海斗はU-18に選ばれた?

小園海斗くんは3年生のときにもU-18に選ばれていますが、2年生のときにもU-18Wカップに出場、同じく2年生で大阪桐蔭の藤原恭大くんとともに大活躍をしています。

このときの打率は3割7分8厘!

37打数で14安打!それに打点が5、さらに盗塁も2あります。

おそらく緊張という言葉を知らないのでしょう(笑)

大きな舞台でここぞとばかりに活躍、本当に頼もしい選手ですね。

・小園海斗が活躍した2018年夏の甲子園の結果

小園海斗くんがいた報徳学園は、2018年夏の甲子園で残念ながら3回戦で敗れてしまいました。

3年生の小園海斗くんも「結果を残せなくて悔しい」と悔し涙を見せていました。

3回戦の相手は済美高校で、最終回に粘りを見せるも結局3対2で負け、甲子園を後にしています。

ただ、2回戦の聖光学院戦では小園海斗くんは3安打3得点と大活躍!

このとき、バックネット裏にいた球団のスカウトたちは目を光らせていたとか。

スカウトたちの評価は軒並み高かったそうです。

ま、3安打3得点で評価が低いわけがないですけど・・・。

ではスカウトたちの実際の評価はどのようなものだったのでしょうか。

・小園海斗のスカウトの評価

小園海斗くんをずっと見ていた、各球団のスカウトマンたちの評価を並べて見ました。

センスの塊
完成された選手
肩が強い
勝負強い
瞬発力がある
プレーにスピードがある
守備のフットワークが良く安定している
プロで通用するレベル
トータルでレベルが高い
躍動感があり成長している
足も肩も文句なし
アマでナンバーワンのショート
精度が高くセンスにあふれている

いかがでしょうか、この褒め言葉の嵐。

甲子園出場前より出場後では、その評価が確かなものになり、いろんな球団が本当に欲しかった逸材だったということでしょう。

もうスカウトたちの心を鷲掴み、といった感じですね。

さて、小園海斗くんはドラフトで1位指名したのはどの球団なのでしょうか?


スポンサーリンク

・小園海斗は守備能力を評価されてドラフトは1位指名

小園海斗くんをドラフトで1位指名したのは、この4球団です。

広島
ソフトバンク
オリックス
DeNA

そして抽選の結果交渉権を得たのは広島でした。

広島の緒方監督は、オーナーから「絶対引いてこい」とプレッシャーをかけられていたそうで、最後に引いて見事当たりホッとしたそうです。

こんなに望まれていくのであれば、どの球団であっても幸せですよね♪

そうはいってもやっぱり行きたかった球団、あるんじゃないですか?

と思って調べてみると、U-15のときにはジャイアンツで活躍したいと言っていたそうです。

やっぱりいつの時代もジャイアンツファンは多いんですね〜。

巨人、大鵬、卵焼き、で残ったのは巨人だけです(笑)あ、若い方は何のことだかわかんないですねw

好きな選手は巨人の坂本勇人選手とヤクルトの山田哲人選手。

残念ながら巨人からのラブコールはありませんでしたが、それから3年経っているので気持ちも変わっているかもしれません。

さて、小園海斗くんはこのまま広島に入団するのでしょうか?

・小園海斗は高校卒業後プロ入りする?

小園海斗くんは、大学へ行かずにそのままプロ入りするのでしょうか?

それはまだわかりませんが、あとは現在交渉中の広島の頑張り次第かもしれません。

広島だって、3年連続でリーグ優勝し、今年は日本シリーズにも出ているかなりノッてる球団。

わたしはこのまま入団するんじゃないかな〜?って予想していますが、みなさんはどう思いますか?

小園海斗の母は元なでしこジャパン

小園海斗くんの母親は、なんと元なでしこジャパン!

そう、女子サッカー選手だったそうで、あのなでしこジャパンを牽引してきた澤穂希選手の先輩にあたるそうです。

・小園海斗の母親によるバックアップ

小園海斗くんの母親もやっぱり並外れた身体能力をお持ちでした!

母親のこずえさんは、22歳まで女子サッカーリーグで活躍していたそうです。

ポジションはMF、なんと50m6秒台で走っていたそうです! びっくりですね〜。

母親としては息子にサッカーをさせたくて、サッカーボールをチラつかせていたそうですが(笑)全く見向きもせず、1歳から始めたのはキャッチボールだったとか。

でも優れた身体能力は遺伝されたのでしょう。

女子サッカーってものすごい身体能力ですからね。

試合を見ていても、男子に負けないくらいの迫力とパワーがあります。

そして母親のバックアップは身体能力を与えただけではありませんでした。

とにかく食べさせること!

とにかく米をたくさん食べさせて、立派な体格を作り上げたそうです。
やっぱりエネルギー源となる炭水化物なんですね!

子供に体力をつけたいと思ったら米がいいかもしれませんよ!

そして小園海斗くんのプレーを見ていると、スポーツに対する真摯な姿勢も伝授したのかな?と思います。

このように、母親からいろいろなものを受け継ぎ、ドラフトで4球団から指名されるような優れた選手になりました。

小園海斗の父親はヒロミで母親は松本伊代なのかを詳しく調査したまとめ

小園海斗くんの父がヒロミさんで、母が松本伊代さんであるという噂は、SNSから発信されたと思われる全くのデマでした。

とりあえずはどちらにとっても、デメリットにはならないデマで良かったです(笑)

ただ、松本伊代さんにはまた線路に侵入しないようにご注意いただきたいですがw

2018年のドラフトで4球団から1位指名された小園海斗くん。

これからどこで活躍するのか、注目していきたいと思います!


スポンサーリンク

-野球

Copyright© あさねた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.