事件・事故

JAL 副操縦士の飲酒で逮捕されたのは誰?搭乗前検査のルールが実は〇〇だった!

投稿日:


スポンサーリンク

JALは11/1(木)に搭乗前の副操縦士が飲酒が原因で、ロンドン警察に逮捕されたことを報じました。

飲酒していた副操縦士は一体誰なのか、搭乗前の検査ではどうだったのか?
また、実は色々飛行機関連の飲酒事件があったのをご存知ですか?呆れるほどの失態、どんなことをやらかしたのか独自の目線で調査してみました!


スポンサーリンク

JAL 副操縦士がイギリス警察に逮捕された!何が起きた?


JALで11/1、男性副操縦士がロンドンで逮捕されました。

この副操縦士は、10月28日の午後7時 JL44便 ロンドン発、羽田行きの旅客機に搭乗する予定だったようで、イギリスの法令で定められた基準値の約10倍ものアルコールが検出され、搭乗前にロンドン警察に逮捕されたとのことです。

搭乗直前になぜバレた?

普通ならパイロットは既に飛行機に乗っているため、乗客からは酒気の確認はできないはずです。

キャビンアテンダント(客室乗務員)であれば、乗客と接する機会が多いためバレやすいかと思います。

となると今回の事件はパイロットなので、やはり内部告発になると思います。

実際に産経ニュースでは、以下のように報じています。

旅客機に送迎するバスの運転手が酒の臭いに気付き保安担当者を通じ通報。
参考:産経ニュース

バスの運転手さんグッジョブ!
バスの運転席まで届くくらいのアルコール量だったのですね。。
やばすぎます。

でも運転手が気付かなかったら?どうするのでしょうか。
実は搭乗前にパイロット同士で呼気検査を行うそうです。
そこで問題なければ、問題なしとして操縦されるそうなのですが。。。

パイロットは特に問題なかったと言っています。気付かなかったと。

うぉおおい!うそでしょコレ絶対!
あまりにも軽率すぎます。検査が検査でなくなっています。
これでは何のための検査かわかりませんね。

JAL 副操縦士の飲酒に対しての周囲の反応とは?

フライトの中で自動操縦が多くの時間を占めているため、実際に手を動かすことが少ないことが少なからずあるのか?
そんなことはないですよね笑
私も人としてどうかと思います。

JAL 副操縦士 どれくらいの酒を飲んだのか?

赤ワイン1本、ロゼワイン1本、小瓶ビール3本、缶ビール2本

これどう考えても飲みすぎでしょう!

JAL 副操縦士は誰で何年入社?

JAL 過去には客室乗務員がトイレで飲酒した事件も?

JAL 客室乗務員の搭乗前のルールは?

客室乗務員にも搭乗前のルールがあるようです。具体的なルールについて説明します!
しばらくお待ちください。
https://ca-media.jp/business/report1120
・12時間(24時間)前の飲酒

副操縦士とは?
副操縦士(ふくそうじゅうし 英: First Officer, Co-Pilot)は、航空機乗員のうちの最高責任者・管理者である機長の補佐・機長業務の代行などを行う乗員。

航空業界では英語からファースト・オフィサー、コ・パイロット(F/O、コ・パイと略す事がある。発音は「コーパイ」)と呼ばれる事が多い。航空法上で2人の操縦士が乗務することが義務付けられている航空機では通常、機長と副操縦士が1名ずつ乗務し操縦を行う。飛行機と飛行船のコックピットでは右席に、ヘリコプターでは左席に座る。出典:wikipedia 副操縦士

他にも飛行機関連でこんな飲酒事件が起こっていた!

JAL 副操縦士の飲酒事件以外にも飛行機関連でこんなにも飲酒事件が起こっています。
今調査しております!しばらくお待ちくださいませ。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO37264580R01C18A1CC1000?n_cid=TPRN0003&s=0

グループ会社の機長が前日の飲酒の影響で体調不良になり、乗務予定だった5便が遅延する問題があったと発表。同月には同社のパリ支店長が出張のため搭乗した自社便の機内で、酒に酔って隣の乗客にけがを負わせるトラブルもあった。

飲酒した操縦士がどこに飛ぶ予定だったか忘れるということもありました。
http://labaq.com/archives/51581395.html

ノルウェーでも同様の飲酒事件があり、こちらも搭乗前に発覚。もちろんフライトは中止になったそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/10452863/

-事件・事故

Copyright© あさねた! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.