イベント

【日食2019年1月6日】九州地方(北部)の見え方と天気、見ごろの時間帯!福岡、熊本、長崎、佐賀

投稿日:


スポンサーリンク


2019年1月6日の午前に3年ぶりとなる部分日食が観測されます!
久しぶりなので期待したいですが、九州北部(福岡、佐賀、熊本、長崎)での日食の見え方、時間帯、天気が気になりる!

そこで、福岡、佐賀、長崎、大分での部分日食の見え方や時間帯、天気について調べてみました!

スポンサーリンク

2019年1月6日の部分日食は約3年ぶり!

 太陽の一部が月に隠され、欠けて見える部分日食が6日午前、日本全国で起きる。

 気象庁が4日発表した天気予報では曇りの所が多いが、北海道東部と東北地方の太平洋側、九州南部で晴れる可能性が高く、関東や東海、四国南部で曇り時々晴れの見込み。日本で前回日食が起きたのは2016年3月9日の部分日食で、今年12月26日にも部分日食がある。

 国立天文台によると、部分日食の始まりは6日午前8時台、終わりは同11時台の所が多い。東京都心では午前8時43分に始まり、10時6分に最も欠けて見え、11時36分に終わる。最も欠けて見える時の割合は福岡市では2割だが、東京都心で3割、札幌市で4割となる。

 国立天文台は、太陽を直接肉眼で見たり、望遠鏡や双眼鏡で見たりすることは目を痛めるので絶対に避け、専用の日食グラスなどを使って観察するよう呼び掛けている。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

久しぶりの日食ですね!
子供のころは日食を見るために日食グラスをわざわざ購入して、校庭でクラスの授業の一環ということで見たものです。

今回は部分日食なので完全に太陽が隠れるわけではなく、部分的に太陽が欠けて見えます。

あたり一帯がやや暗くので周りでおおおーと声を上げたのを覚えています笑

部分日食の福岡、佐賀、大分、長崎での見え方


引用元:https://weathernews.jp

福岡、佐賀、大分、長崎では、太陽の上の方が欠ける感じです。

今回は日本の北に行くほど上の部分のより欠けるようですね。
九州北部でも割と欠けるので、見ごたえは十分にあるのではないかと思います。

部分日食の福岡、佐賀、大分、長崎での良く見える時間帯

九州北部地方では、概ね8時から11時の間で見えます。

部分日食の欠け始め~最大~終わりまでの見ごろの時間

■食の始め   8時38分頃
■食の最大   9時47分頃
■食の終わり  11時04分頃

朝ごはんを十分に食べて外に出るとちょうど日食が始まっているころですね!
いい時間帯♪
朝はいつも通りに起きても問題なさそうです。

しかしもし出かけ先で見る場合は、公園などの障害物が少ないところで見る場合には早めに出かけることをお勧めします。

ほかの方も同様に考えているはずですので、いい場所を見つけておきましょう!

福岡、佐賀、大分、長崎の1月6日の天気



引用元:https://weathernews.jp

九州北部地方は割と午前中が曇りで徐々に晴れるところが多そうです。
南の方にいくか、様子を見ておくのがいいかもしれません。

それでもウェザーニュースによると九州北部もチャンスありなので可能性は十分です。

もし明日用事がないようでしたら、九州南部の山登りや行楽地などにお出かけになるのも一つの手かもしれません。

太陽を見るときの注意事項。日食グラス必須

太陽を見るときは直接見ないようにしましょう。
目を傷めて失明する恐れがあります。

必ず直接見る場合には日食グラスを使いましょう。
それ以外は間接的に見る方法で日食を確認しましょう!

日食グラスにはいろんな種類があるので、こういうのが自宅にある方は早急に探しましょう!

【日食2019年1月6日】九州地方(北部)の見え方と天気、見ごろの時間帯!福岡、熊本、長崎、佐賀のまとめ

2019年1月6日の午前にある部分日食は、約3年ぶりで久しぶりです!
九州北部でも太陽の上部が欠けて見えるので、ぜひ時間がある方は太陽を確認してみましょう。

時間帯はおよそ8:30~11:00頃が見ごろです。
朝ごはんをしっかり食べて、日食に備えましょう。

ただし、午前中は曇りときどき晴れのような微妙な天気です。
それでも多少なりともチャンスはあるので、諦めずに挑戦してるといいかと思います。

用事がなければ九州南部へ旅行や遊びに行くのも手かもしれませんね!
久しぶりの日食、楽しみですね♪

スポンサーリンク

-イベント

Copyright© あさねた! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.